2018年03月05日

成田山のご祈祷で御火加持も経験、たっぷり買い物で2月の成田山詣では楽しい1日でした

P2240176.JPG224日(土)、今年初めてのまち歩き食べ歩き「くうかい」は成田山に出かけました。


メンバーは京成上野、青砥、京成高砂といろいろなところから乗車してくる予定。

ところが、指定した特急に乗り遅れた人が2名も出るというハプニング!


でも、京成の成田行き特急は20分後には出ているので、無事、全員が京成成田駅で合流できました。よかった!


P2240216.JPG行きは参道の商店街には目もくれず、ひたすら成田山新勝寺まで歩きます。


といっても、15分もあれば到着。1200からの御護摩(おごま)と呼ばれる護摩焚きの祈祷に間に合いました。


この日は土曜日で、成田山のご加護に預かろうとする人たちでお堂はいっぱい。空いているところに潜り込むや、タイミングよく読経が始まりました。


P2240211.JPGお坊さんの前の炉には高い火柱が上がります。炎が勢いよく燃えるほどに、読経の声が高まっていき、参加者の気分も高揚していきます。


そして、お目当ての御火加持(おひかじ)。御火加持というのは、お参りする人の大切なもの(鞄とか財布とか)を、御護摩の火にあてて、お不動様のご利益をいただくことです。


大勢の人がご利益をいただくために、火のそばに集まります。そして、担当のお坊さんが皆さんの大切なものを預かって火に当てた後、返してくれます。写真は禁止なので、見せられないのが残念ですが、


P2240169.JPG私は信仰している宗教はありませんけど、この御護摩を経験するときはいつも、厳かな気持ちになるから不思議です。


さて、現実に戻るや、お昼も過ぎたのでお腹がすきました。成田公園内の梅を愛でながら、予約してある名取亭にGO!


名取亭は創業90年を迎える成田の名店。天丼や和重定食などメニューは豊富ですが、ここはやはり名物のうなぎがに限ると、全員、うな重の注文となりました。美味しかった!


P2240182.JPG

食後、腹ごなしに公園内を散策していると、後ろから「甘酒を飲んでいきませんか」の声が。無料サービスをしていたのです。もちろん、いただきました。


P2240223.JPGさて、最後は、域に後ろ髪を引かれながら、素通りした参道商店街でお買い物。漬物、鰻、お菓子、ピーナッツ、お酒など、成田山の名物を売る店が並んでいます。


なすの味噌づけとタケノコの塩漬け、それに大根のべったら漬けと、お漬物屋さんで買ったものは、どれも辛くもなく、甘くもなく、ちょうどいい味付で大ヒットでした。


途中にある「なごみの米屋総本店」ではで、名物の羊羹をはじめ、たくさんの種類のお菓子が買えます。特に、ぴーなっつ最中はパッケージも可愛くて、お土産には最適かも。


予定通り4時半ごろの特急で、全員が帰宅の途につきました。


次回は、かねてより念願の「酒蔵見学と豪華食事つき試飲会」の予定。楽しみにお待ちください!

posted by 街歩き・食べ歩き「くうかい」 at 22:05 | Comment(0) | くうかい実施レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

必須入力
コメント

必須入力

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧