• ホーム
  • の 「2010年11月」の記事一覧

2010年11月12日

新橋のカリーナ・プリマベーラ

狭さがくつろげる空間
世界一小さなイタリアン「カリーナ・プリマベーラ」は、新橋駅前の“新橋駅前ビル2号館”の地下1階にあります。
店内.JPG地下の一角に“呑みや横丁”がある不思議空間! 食べ物屋、立ち飲み屋、小料理店などが並ぶなかに、しっくりとおさまっています。
2坪でカウンター7席の店の入口に立つと、中はこのような作りになっています。カウンターの中にはイケメンシェフが。


シャンパンで乾杯.JPGL字形のカウンターに3名と4名が座ると満席。この空間が落ち着くというか、不思議なくつろぎ感があります。
まずはシャンパンで乾杯!一気に気分もほぐれて、自己紹介なぞしながら話も弾みます。この狭さの効用でしょうか、1人で来店してもお客さん同士が会話をして仲良くなるそうですよ。
使用したグラスや皿は各自がカウンター上にあげます。大皿料理は廻しながら取り分けます。この共同作業も親しくなれる一因でしょうね。

本日の料理はシェフのおまかせコース
まずはアンティパスト(前菜)4品の盛合せ。狭いスペースから繊細な料理が出てくる様は“マジックショー!”。
チーズが濃厚でクリーミィ、生ハムもおいしい。赤ワインと白ワインをボトルで注文。瓶のネックには金賞受賞の文字札がかかっている。飲みやすいイタリアン・ワイン。
前菜4品.JPGトリュフと茸のピザ.JPG蟹クリームのフィットチーネ.JPG
      前菜4品      トリュフと茸のピザ   塩辛とクリームチーズのフィトチーネ

ワインを味わっていると、ピザが次々に焼きあがる。1枚目は、薄くてパリパリの生地にたっぷりチーズとじゃこの和風テイスト、ワインにもぴったりで美味しい。
2枚目のマルゲリータもワインと相性がいい。
……と、ここで写真を撮り忘れていたことに気付いた! 前菜だけ撮ったところで、100%の食べるモードに突入していたのでした。
で、気をとりなおして3枚目は、トリュフと茸がたっぷりのっていて、一口食べるといい香りが鼻に抜ける、美味し〜い。
       鶏肉&レバー香草焼きバルサミコソース.JPG   蝦夷鹿ソテー.JPG 

          鶏肉の香草焼き          蝦夷鹿のソテー

アンクルトリス.gif
賑やかにおしゃべりしながら、ビール、懐かしのハイボール、イタリアンな気分でアペロールと、それぞれ呑みたい酒を注文。
人気復活したハイボールの懐かしいキャラクター“アンクルトリス”の思い出話に花が咲きました。
懐かしいCMのメロディーまで口ずさんで、同世代だから分かり合える話を延々と、楽しかったですね。

おつまみの“砂肝のペペロンチーノ”はどのお酒にも合う一品。
三元豚と長ネギのソテーも絶品!

名物“新橋パスタ”は、塩辛とクリームチーズのフィットチーネ。蟹クリームソースを濃厚にしたような食べ応え、美味しい!
“鶏もも肉の香草焼きバルサミコソース”、“蝦夷鹿のソテー”はどちらも柔らかく香ばしい。高たんぱく低カロリーのうれしい一品。

参加者4名.JPGよく食べて、よく呑んで、おしゃべりも絶好調ですが、そろそろ2時間30分の貸切時間が終わります。
ドルチェのケーキとコーヒー、紅茶をいただき、おごちそうさまでした。
すでに次のお客さん(若い男女のグループ)が待っていて、人気のほどがうかがえます。

気軽に味わえる、本格イタリアン。各種お酒を呑んで、コース料理で一人あたり5,000円弱でした。
一人でも気軽に入ることができる雰囲気と、駅に直結している便利さ。大いに利用できそうですよ。

posted by 街歩き・食べ歩き「くうかい」 at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | くうかい実施レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする